Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

リサーチ

sg_en_resarch_01

インフォグラフィック:クラウド導入は簡単?複雑?

クラウドの導入の障壁について、CIO300人に聞きました。
PDFをダウンロードする



リサーチ:Growing Pains in The Cloud (クラウドで増加する課題)

「Growing Pains in The Cloud」研究では、CIOがクラウドへの移行を試みる際、既存のレガシーシステムがどのような複雑さを生むのか、また円滑な移行にはどのような要件が 必要になるのかについて考察しています。完全版のレポートをご覧になりたい方、クラウド導入に関するご自身のスタンスをほかのCIOと比較されたい方は、 ぜひ下記サイトまでお越しください。
http://growingpainsinthecloud.com/

オピニオン - 適切なかじ取りを:ビジネス変革のタイミングを見極める

NTT Europe北欧地域ディレクターのボブ・ウェルトンが、企業におけるクラウドへの適切な移行時期について説明します。 競争力強化のためにクラウドを検討したり、コスト削減のために新しく画期的な方法を模索しているCIOが増加していることは明らかです。KPMGが最近行った調査で、英国企業の42 %が、今後12か月において少なくともITコスト全体の5分の1をクラウドサービスに充てることが分かり、クラウドの使用が2013年の取締役会における議題をまさに独占していることを示した結果となりました。しかし、クラウド移行によるビジネス的なメリットに疑いはないものの、クラウド戦略実装の時期と方法を判断することがいまだに複雑な難題であると捉えている企業もあります。

オピニオンを読む

オピニオン - ディザスタリカバリ:堅牢なリカバリ対策構築に関するアドバイス

ボブ・ウェルトン、北欧地域ディレクター

グローバルビジネスネットワークの運用とそのサポートシステムには、自然災害からセキュリティ違反の脅 威にいたるまで、さまざまな困難が少なからず存在します。電源供給とネットワーク接続に多岐の混乱を招いた2011年の東日本大震災とそれに伴う津波は、 その最たる例です。震災をきっかけに、企業はそれまでのディザスタリカバリ戦略を見直すようになりました。約990の通信ビルが停電となり、16の基幹回 線が切断され、150万のケーブル線が破壊されました。結果ビジネスに多大な混乱をもたらし、被害総額は1530億ポンド(2350億ドル)以上となった のです。企業が復旧をめざして奮闘する中で、クラウドコンピューティングは注目を浴びるようになり、そのサービスは基本的なビジネス要件としてだけではな く、災害発生時のプロビジョニングとして、はるかに意味のあるものとなりました。

オピニオンを読む

オピニオン:クラウドコンピューティングでビッグデータの価値を最大限に引き出す

優れた柔軟性、可用性、および変化に対する応答性は需要として求められますが、しばしばコスト管理の問題と相対することとなります。今日のITリーダーは、それらのバランスを上手にとらなくてはなりません。そのため、クラウドコンピューティングやビッグデータの価値を理解するといった動向や技術がより一層広まっているのです。

オピニオンを読む

オピニオン:CIOはビッグデータについて考える前にクラウドの検討を

プロバイダーは、ビジネスを成長させるツールとしてクラウドのメリットを長く支持してきました。また現在では、 商業セクターもクラウドの価値を認識し始めています。Unisphere Researchが最近行った調査では、ITマネージャーやデータマネージャーの4分の1が、エンタープライズ向けのパブリッククラウドサービスを使っていると答えました。

オピニオンを読む

オピニオン:堅実かつ現実的にクラウド移行をプランニング

クラウドにより、ICT資産をアウトソーシングしたり、新しいツールとテクノロジーを迅速かつ簡単に入手したりすることが可能になります。多くのクラウド環境では、月単位でICTに投資することができます。しかし、そのメリットが明確である一方、クラウドコンピューティングモデルの導入時期を決めることが、多くの事業に降りかかる課題となっているのです。

オピニオンを読む

オピニオン:ビジネス変革のタイミングを見極める

競争力強化のためにクラウドを検討したり、コスト削減のために新しく画期的な方法を模索しているCIOが増加していることは明らかです。KPMG [1]が最近行った調査で、英国企業の42%が、今後12か月において少なくともITコスト全体の5分の1をクラウドサービスに充てることが分かり、クラウドの使用が2013年の取締役会における議題をまさに独占していることを示した結果となりました。しかし、クラウド移行によるビジネス的なメリットに疑いはないものの、クラウド戦略実装の時期と方法を判断することがいまだに複雑な難題であると捉えている企業もあります。

オピニオンを読む

このページのトップへ